【相談無料】兵庫(西宮)で債務整理経験豊富な司法書士法人小笠原合同事務所

【兵庫・西宮】債務整理相談センター

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F
阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内

運営:司法書士法人小笠原合同事務所

受付時間
平日9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

お電話での無料相談はこちら
0120-161-052

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

派遣社員でも任意整理できるのか?

「任意整理がバレて派遣切りされないか不安……」
「派遣社員は任意整理できない?自己破産しかない?」

派遣社員はどちらかといえば正社員よりも立場が弱く不安定です。

派遣先の業績が悪くなり派遣切りされて気軽に借りた借金の返済が難しくなった、という方も実は少なくありません。

他にも様々な理由により借金問題で苦しんでいてどうにか問題解決をしたいと考えている派遣社員の方は数多くいらっしゃいます。

今回は派遣社員であっても任意整理をすることができるのか、会社にバレずにできるのか、実際にどれくらい減額されるのか、などについて解説していきます。

派遣社員でも任意整理できる

派遣社員であっても任意整理を行うことができます。

アルバイトや無職と違い、「定期的な収入が見込める」と考えられるからです。

任意整理できる目安

では任意整理を行うために必要な条件を満たす基準についても解説していきます。

一般的に任意整理では以下の考え方が目安です。

「手取り収入から住居費を差し引いた額の3分の1を超えない返済額」

たとえば、手取り20万円として5万円の家賃だとしましょう。収入から住居費を引いた額15万円の3分の1=約5万円、これを超えない程度が任意整理後の返済額としては最大限となります。

任意整理後の返済期間は原則3年、最長でも5年なので

  • 3年で返済するならば180万円
  • 5年で返済するならば300万円

今回のケースで言えば、利息カットした上で総債務額がこの金額に収まっているなら任意整理ができると考えられます。

逆にいうと、これを超える借金の場合は原則的に任意整理は難しいと言えるでしょう。

この基準に照らし合わせて任意整理できるのかどうかは専門家への無料相談でも確認できます。

過払い金発生の可能性も含めてまずは相談してみてはいかがでしょうか。

待機期間のリスク回避

一番の懸念点となるのが派遣社員の「待機期間」です。

保証のある派遣会社であれば、給料の6割を支払う義務があるため、完全に無給となることはまずありません。

しかしいわゆるブラック企業と呼ばれるところでは休業補償が整っていないこともありえます。

こうなってしまうと、任意整理によって決定された返済が滞ってしまう可能性がでてくるでしょう。

派遣社員の方であれば誰でもこういったリスクがあります。

万が一に備えて待機期間中のアルバイト先の確保や、返済できる程度の預貯金をしていくことがリスク回避に繋がります。

任意整理をすればかなりの減額となる

派遣社員であっても任意整理を行えばかなりの減額効果を得られます。

  • 将来の利息をカットできる
  • 過払い金があれば返金または返済にまわせる
  • 返済期間組み直しで月々の返済額が見直される

たとえば年率15%、36回払いで100万円の残債があった場合以下のようになります。

  • 任意整理前:毎月34,665円の支払い
  • 任意整理後:毎月27,777円の支払い

利息カットしただけですが、毎月7,000円近くの減額になるのです。

過払い金があればさらに減額がありますし、返済期間を5年とするならば月々の支払いはさらに余裕がでてくることでしょう。

任意整理は債権者が合意することが前提ではありますが、債務者が無理なく返済できることを目指した債務整理です。

債権者側も貸したお金を回収できなければ意味がないので、ある程度のところで妥協をして合意にいたることがほとんどです。

交渉決裂リスクをなるべく回避し、双方が納得いく形で任意整理の話し合いをすすめるためにも、経験豊富な専門家に相談してみましょう。

任意整理であれば派遣先にバレにくい

派遣社員は正社員と比べると弱い立場にあります。

そうしたことから、「任意整理が派遣切りの理由になるのでは」と不安を感じている方も少なくありません。

任意整理は債務整理の中でも他人にバレにくいものです。

裁判所を介しませんし、当然派遣先に連絡がいくこともありません。

取られる時間もそれほどありませんので、会社側から怪しまれるといったことはほとんどないでしょう。

万が一、任意整理がバレてしまったとしてもそれを理由として派遣切りする企業はまずありませんのでご安心ください。

問題を先送りするのは将来のリスクを高める

借金問題で最もリスクが高いのは問題を先送りにしてしまうことです。

先送りで会社バレすることがある

たとえば、「派遣先に借金がバレたくない」と思っていても返済が滞っていると債権者から勤務先に督促の電話がかかってくる可能性があります。

また、長期間滞納を続けていると債権者が訴訟を起こし、給与差し押さえなどの強制執行がくだされるかもしれません。

ここまでいくと、派遣会社には裁判所からの差し押さえ通知が届くので確実に知られることとなります。

自己破産までもつれることも

金銭的にもなるべく早く任意整理を決断したほうが良いでしょう。

先述のように派遣社員であっても任意整理をすることができますし、減額効果もしっかりあります。

問題を先延ばしにして、ギリギリの生活をしながら利息に追われている状態ではいつまで経っても完済の目処が立ちません。

最悪の場合、借金に借金を重ねて任意整理では追いつかないレベルに債務が膨らむ可能性もあるでしょう。

そうなると自己破産といった選択肢しか残されなくなってしまいます。

任意整理は派遣社員であってもできます。

借金問題を解決したいそう思ったならば先延ばしせず、専門家に相談してみましょう。

まとめ

チェック
  • 派遣社員でも任意整理可能
  • 派遣切りされてもアルバイトをしたり預貯金があれば大丈夫
  • 任意整理は派遣会社や派遣先にバレずにくい
  • 問題を先送りしないことが大切

まずはお気軽に【兵庫・西宮】債務整理相談センターの無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-161-052

債務整理についてのご相談や任意整理の診断は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは【兵庫・西宮】債務整理相談センターまでお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~17:00
定休日:日曜・祝日
ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F

阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内

司法書士法人小笠原合同事務所

司法書士法人小笠原合同事務所の集合写真

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-161-052

メニュー

運営事務所紹介

事務所
お電話でのお問い合わせ
0120-161-052
メールでのお問い合わせ
住所

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F
阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内