【相談無料】兵庫(西宮)で債務整理経験豊富な司法書士法人小笠原合同事務所

【兵庫・西宮】債務整理相談センター

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F
阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内

運営:司法書士法人小笠原合同事務所

受付時間
平日9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

お電話での無料相談はこちら
0120-161-052

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

債務整理すると退職金は貰えなくなる?

「債務整理をしたら退職金はどうなるの?」
「債務整理後なら退職金は取られることはないだろう」

など、債務整理をする際には退職金の扱いがどうなるのか気になる人もいるはずです。

今回は債務整理が退職金にどのような影響を与えるのか、について解説しています。

退職金は関係ないだろうと思って債務整理を進める人もいますが、よくその仕組みを知っておかないと、大切な退職金を失ってしまうこともあります。

そうなる前に債務整理したら退職金はどのように扱われるのかを知っておきましょう。

債務整理による退職金の扱いは受給のタイミングによる

債務整理で自己破産をすると、借金が帳消しになる代わりに財産は没収されることになります。

もちろんその他にも官報に載る、ブラックリストに載るなどのデメリットはありますが、やはり財産が没収されるのが大きいデメリットでしょう。

任意整理なら利息をカット、個人再生なら借金を減額して返済していく方法なので、財産まで処分されず退職金を守れる可能性があります。

ですが自己破産をしたら、財産となる退職金まで処分されるのかどうか不安になる方も少なくありません。

処分されるのか否かについては退職金の受給のタイミングによって変わってきます。

退職金をすでに受け取っているケース

退職をしてすでに退職金を受け取っているケースでは、その退職金は財産ですので預金や現金と同じで、99万円を超える財産分は没収されてしまいます。

また、それを口座に預けていたとしても同様です。

ようするに、退職金を含めたすべての財産合計で99万円を超える部分は没収されます。

そもそも退職金をすでに受け取っているなら、それを返済に充てるという選択肢もあります。

それで毎月の返済額を少なくできることでしょう。

ただ、その場合は現金・預金はなくなってしまうので、せめて財産として99万円まで残せる自己破産を選択するのも一つの方法です。

近い将来、退職金を受け取ることが決まっているケース

債務整理する時点では退職金は受け取っていないが、近い将来退職をして退職金を受け取る予定というケースもあります。

まだ受け取っていないのだから、没収されないと思ったら大間違いです。

もちろん自己破産と同じではなく、このケースでは差し押さえ禁止債権で決められた4分の3を残して差し押さえになります。

退職金を受け取ってから債務整理(自己破産)するよりも、現金を多く残せる可能性がありますが、退職金の額によっては、それをそのまま返済に充てるという選択肢もあります。

それなら、債務整理せずに済むでしょう。

どちらがいいかはよく検討してみる必要があります。

将来的には退職金を貰えるが、退職はしないケース

若い人なら、債務整理しても仕事は当然続けていくという人がほとんどです。

その場合はやめれば退職金は受け取れるとしても、しばらく後になりますし、いつ退職するかもわかりませんから退職金の額も分かりません。

これなら退職金は残せるだろうと思うかもしれませんが、現実はそう甘くはありません。

このケースでは、債務整理を行った時点での退職金の受給見込み額が基準となり、その8分の1が差し押さえの対象になります。

もしこの8分の1の額が20万円以下の場合には、差し押さえの対象外となることがほとんどです。

債務整理を早めに検討することで退職金を守れる

一生懸命働いた結果として受け取れるのが退職金ですから、しっかり受け取りたいと思うのも当然です。

しかし、自己破産をすれば退職金を受け取っていた場合はもちろん、これから受け取る予定の人も決められた額は差し押さえになってしまいます。

債務整理でも利息をカットできる任意整理や個人再生であれば退職金はもちろん、多くの財産を守ることができます。

誰でも債務整理はしたくないもので、本当にギリギリになるまで苦しみながらも支払いしていく人がほとんどです。

しかし、その結果自己破産となってしまえば、それこそ生活が一変してしまいます。

そうならないためには、財産を処分されないで済む任意整理や個人再生をして、返済していくほうがいいでしょう。

どのような方法が望ましいかは人それぞれ異なりますから、最悪の状況に陥ってしまう前に司法書士などの専門家に相談してみてください。

まとめ

チェック
  • 自己破産では、すでに受け取っている退職金は自由財産以外が没収される
    今後退職金を受け取る場合は、退職金の額の4分の1、見込み額の8分の1が差し押さえになる
  • 早めに債務整理(自己破産以外)することで、退職金を守れることも

まずはお気軽に【兵庫・西宮】債務整理相談センターの無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-161-052

債務整理についてのご相談や任意整理の診断は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは【兵庫・西宮】債務整理相談センターまでお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~17:00
定休日:日曜・祝日
ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F

阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内

司法書士法人小笠原合同事務所

司法書士法人小笠原合同事務所の集合写真

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-161-052

メニュー

運営事務所紹介

事務所
お電話でのお問い合わせ
0120-161-052
メールでのお問い合わせ
住所

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F
阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内