【相談無料】兵庫(西宮)で債務整理経験豊富な司法書士法人小笠原合同事務所

【兵庫・西宮】債務整理相談センター

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F
阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内

運営:司法書士法人小笠原合同事務所

受付時間
平日9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

お電話での無料相談はこちら
0120-161-052

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

債務整理するとどんな郵便物が生じる?

「債務整理したら何か郵便物が自宅に届くのだろうか」
「郵便物で債務整理したことが家族にバレるのでは」

借金は家族にも知られたくない、債務整理も知られたくないという人もいるでしょう。

実は債務整理が家族にバレる原因として最も多いのは裁判所から届く郵便物となっています。

今回は債務整理することでどんな郵便物が届くのか、について解説しています。

家族に内緒で債務整理したい人は特に参考にしてみてください。

債務整理するとどんな郵便物が届く!?

借金によっては、滞納さえしなければ郵便物が送られてこないでしょうから、しっかり返済していれば家族にバレずに済むこともあります。

そこで、返済が苦しいから、債務整理したらそこで郵便物でバレてしまうかも、と不安に思う人もいるでしょう。

では、債務整理するとどのような郵便物が送られてくるか確認していきましょう。

債務整理前は督促状が届く恐れがある

債務整理を検討しているということは、すでに借金の返済が難しくなってきたといえます。

金融機関にもよりますが、少し返済が遅れただけならば電話連絡だけの場合もあります。

ただ、長期間返済が遅れてしまうと、督促状が送られてきます

また、さらに返済が滞ってしまうと裁判所に訴えを起こして、今度は裁判所から訴状が届くことになるのです。

債務整理後も返済が遅れれば書類が届く

債務整理の方法が任意整理や個人再生の場合には、債務整理の手続きが終わったらそこから新しい返済額で支払いがスタートします。

そのため、しっかり返済できる額を設定しておかないと、また返済が滞ってしまうこともあるでしょう。

そうなるとまた督促状が送られてきます。

債務整理後はしっかりと滞りなく返済したとして、完済すると最後に完済証明書が借金をした相手から送られてきます。

せっかく家族にバレずに債務整理を進めていたとしても、最後の最後に借金をしていたことがその郵便物でバレてしまうこともあるのです。

弁護士や司法書士に依頼すれば郵便物は自宅に届かない

債務整理の方法によっては自分一人でできる場合もあります。

ですが、自分で進める場合、債務整理に関わるさまざまな郵便物は自宅に届くことに。

そのため、家族にバレる可能性が非常に高まります。

郵便物によって家族に債務整理がバレたくない、と考えるのならば司法書士などの専門家に依頼をするのがベストです。

債務整理自体さまざまな書類を作る必要があり、借金の相手との交渉もしなければいけませんので、そういう意味でももちろん非常にベストな選択です。

さらに、専門家に依頼すれば、その時点から借金の相手や裁判所からの郵便はすべて専門家の事務所に届くようになります。

つまり、自宅に届く=家族にバレる可能性が低くなるのです。

もちろん、債務整理の手続きが終わった後、支払いが滞った時の督促状や完済証明書も、事務所の方に届くことになるので安心できます。

司法書士事務所からの郵便物は届くので対策を

司法書士に債務整理を依頼した場合、今度はその事務所との書類のやり取りが必要です。

例えば、委任契約書や再生契約書、和解が成立すればその和解書などの書類もあります。

そして司法書士には、費用を支払うわけですから、かかった費用の請求書、支払いを済ませれば領収書なども郵便物として送られてくるでしょう。

一般家庭では司法書士事務所から郵便物が届くということは滅多にないものです。

ですので、もし届いたらやはり家族は不審に思いますし、家族によっては封を開けて中身を見る人もいるかもしれません。

そうなると、借金をしたことはもちろん債務整理したことまで家族にバレてしまう恐れがあります。

ただ、これについては対策ができないわけではありません。

また、今は司法書士とのやり取りは電話やメールでもできますから、債務整理するための話し合いもそれで済ますことも可能です。

専門家に相談する際には、しっかりと「借金は家族に知られていないので、債務整理も内緒で進めたい」、「郵便物は自宅に送らないでほしい」ということをはっきりと伝えましょう。

そういう人は少なくありませんから、専門家も対応に慣れています。

とはいえ、どうしても書類を郵送しなくてはいけないこともあります。

そうした際、郵便物で家族にバレないためには、以下のような方法を専門家から提案されます。

  • 個人名で普通の茶封筒の郵便物として送る
  • 郵便物をすべて郵便局留めにしてもらう
  • 直接事務所に書類を取りに行く

まとめ

チェック
  • 返済が滞ったら借金相手からの督促状や裁判所からの訴状が届く
  • 債務整理後にしっかり返済し、完済した時に完済証明書が届く
  • 弁護士や司法書士の事務所から委任契約書や和解書、請求書・領収書などさまざまな書類が届く

まずはお気軽に【兵庫・西宮】債務整理相談センターの無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-161-052

債務整理についてのご相談や任意整理の診断は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは【兵庫・西宮】債務整理相談センターまでお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~17:00
定休日:日曜・祝日
ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F

阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内

司法書士法人小笠原合同事務所

司法書士法人小笠原合同事務所の集合写真

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-161-052

メニュー

運営事務所紹介

事務所
お電話でのお問い合わせ
0120-161-052
メールでのお問い合わせ
住所

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F
阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内