【相談無料】兵庫(西宮)で債務整理経験豊富な司法書士法人小笠原合同事務所

【兵庫・西宮】債務整理相談センター

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F
阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内

運営:司法書士法人小笠原合同事務所

受付時間
平日9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

お電話での無料相談はこちら
0120-161-052

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

債務整理で載る官報とは?どんな悪影響が考えられる?

「債務整理をすると載る官報って何だろう」
「官報に載ったら会社や知人にバレるのでは?」

などと不安に思う人もいるでしょう。

官報は一般人でも見ることができる、国が発行する新聞のようなものです。

今回はこの官報について、どのようなもので、債務整理をすれば必ず載るのか、どのように載るのかなどを解説します。

心配な方は債務整理を検討する前にチェックしてみてください。

債務整理で載る官報ってそもそも何!?

債務整理することのデメリットの一つが、官報に掲載されてしまうことです。

おそらく債務整理を検討している人は『官報』という名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

裏を返せば、債務整理について真剣に考えている人以外は、官報という言葉すら知らないことがほとんどです。

官報とは国が発行している新聞のようなもので、法律や政令についての報告は国家試験の合格者、会社法の決定事項、入札についてなど、いろいろと専門的ことが載っています。

本誌・号外・政府調達があり、号外の中の一つに裁判所からの公示があり、そこに債務整理をした人(個人再生と自己破産のみ)が掲載されるのです。

官報は何百ページにもわたるもので、行政機関の休日を除いて毎日発行されています。

官報に載れば債務整理したことがバレてしまう!?

官報は基本的に誰でも見ることができます。

つまり、債務整理をしたことが他の人に知られてしまう可能性があるというわけです。

債務整理したからといって会社をクビになることはありませんし、借金をした人以外には何の悪影響もありません。

ですが、やはりバレてしまえば信用を失ってしまうことは考えられます。

債務整理をすれば官報に載ってしまいますし、その官報は一般人でも見ることができるため、会社や知人にバレる可能性はゼロではありません。

ですが、現実的に考えれば限りなくゼロに近いといえます。その理由を紹介します。

官報は毎日発行し、膨大な量がある

官報は簡単に言えば国が発行する新聞のようなもので、私たちが毎日読む新聞の何倍もの量があります。

しかも内容は一般人にはほとんど関わりのないこと、興味のないことですから、すべてを毎日読破している人などいないでしょう。

官報に載るのは個人再生で3回、自己破産で2回のみ

今は直近の30日分なら官報をインターネットでも見ることができます。

債務整理をした人が官報に載る、といってもリストになって毎日載っているわけではありません。

自己破産の場合は破産手続開始と免責許可決定の時の2回だけ、個人再生は再生手続き開始と書面による決議に付する旨の決定、再生計画認可決定の3回だけです。

しかも、毎日100人近い人が載っており、ページ数で言えば50ページ以上にもわたります。

「もしかしてあの人、債務整理をしたかもしれない」なんて思った時に、官報で調べようと思っても載った日がわからなければ、相当な労力になるでしょう。

そこまでして興味本位で探す人などいません。

そして、債務整理したのかも、と思った時にはすでに手続きがすべて完了してしばらく経った後でしょうから、なおさら探すのは無理です。

たまたま見かける可能性はほとんどなし

もちろん仕事の内容によっては、定期的に官報をみる人もいるでしょう。

ですが、債務整理のページを見る人はまずいません。

普通の新聞なら、他の記事を見ている時にたまたま見かけた、なんてこともあるかもしれませんが、数百ページにもわたる官報の債務整理のページをたまたま開くことはないでしょう。

特にインターネット版の官報なら、内容によって検索する形ですから必要のない裁判所のページをクリックすることもありません。

官報に載ることでの悪影響はある!?

官報は一般人が見ることはほとんどありませんので、悪影響はまずありません。

ただ、官報は闇金業者がチェックしている可能性はあります。

債務整理をすれば金融機関から借り入れができなくなりますし、自己破産後はすぐに自己破産できないため、そこに付け込んでお金を貸そうと目論んでいるのです。

そのため、官報をチェックしてDMを送り付けてくる可能性はゼロではありません。

ですので、唯一の悪影響といえば闇金からの勧誘のリスクでしょう。

ただし、取り合わなければいいので無視すれば大丈夫です。

しかも、毎日100人近い人が載っているわけですから、すべての人にDMを何度も送るのは、いくら闇金とはいえありえません。

まとめ

チェック
  • 官報は国が発行する新聞のようなもの
  • 官報に載るのは個人再生と自己破産のみ
  • 官報に載るのは自己破産で2回、個人再生で3回のみ
  • 官報に載っても知人にバレるリスクは限りなくゼロに近い
  • 唯一の悪影響は闇金からの勧誘

まずはお気軽に【兵庫・西宮】債務整理相談センターの無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-161-052

債務整理についてのご相談や任意整理の診断は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは【兵庫・西宮】債務整理相談センターまでお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~17:00
定休日:日曜・祝日
ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F

阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内

司法書士法人小笠原合同事務所

司法書士法人小笠原合同事務所の集合写真

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-161-052

メニュー

運営事務所紹介

事務所
お電話でのお問い合わせ
0120-161-052
メールでのお問い合わせ
住所

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F
阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内