【相談無料】兵庫(西宮)で債務整理経験豊富な司法書士法人小笠原合同事務所

【兵庫・西宮】債務整理相談センター

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F
阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内

運営:司法書士法人小笠原合同事務所

受付時間
平日9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

お電話での無料相談はこちら
0120-161-052

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

クレジットカードのショッピングローンやリボ払いは債務整理できる?

「クレジットカードの返済が苦しいので債務整理したい」
「クレジットカードのショッピングローンはお金を借りたわけじゃないから債務整理できないのかも」

と不安に思う人も多いでしょう。

クレジットカードは知らない間に高額になっていることもあり、返済が滞ってしまうこともあります。

今回は、クレジットカードは債務整理できるのか、その際のポイントについて解説しています。

クレジットカードは借金と同じで債務整理できる

債務整理をすると借金の今後の利息をカットしたり、借金そのものを減額または帳消しにすることができます。

そのため借金の返済が苦しい人は、債務整理を検討するケースが多いです。

ただ、お金を借りたわけではないが、クレジットカードの返済が苦しいという人も少なくありません。

生活が苦しくなれば、現金ではなくクレジットカードで買い物する人もいるでしょうし、公共料金もクレジットカードで支払いができるため使う人もいるでしょう。

クレジットカードは現金が手元になくても、買い物や支払いができる便利なもので、しかも分割払いやリボ払いすれば毎月の返済も楽になります。

ただ、それが原因でますます返済が苦しくなることもあります。

クレジットカードはお金を借りたわけではないから、債務整理はできないのでは?と思う人もいるのではないでしょうか。

結論から言えば、クレジットカードのショッピングローンやリボ払いも借金とみなされますので、債務整理できます。

任意整理も個人再生もできますので、クレジットカードの支払額が多くなっている人は、状況に応じて債務整理を検討しましょう。

ただクレジットカードを債務整理する場合には、いくつかのポイントがあります。

債務整理したクレジットカードは使えなくなる

クレジットカードを債務整理して、ローンや利息を減額もしくは帳消しにした場合、そのクレジットカードは使えなくなります

コツコツ返済して、設定されていたクレジット利用枠があいたとしても、使えなくなるので注意しましょう。

ETCカードも使えなくなる

債務整理をしたクレジットカードでETCカードも発行している人も少なくありません。

クレジットカードそのものは使えなくなるのはわかっていても、ETCカードまで頭にない人もいます。

実際はETCカードもそのクレジットカードと連携していますから、債務整理することで使えなくなります。

知らずに高速道路に乗ろうとしても、ゲートは開かないので注意しましょう。

引き落としをしていたなら変更を

公共料金や携帯料金、保険などさまざまな支払いをクレジットカードから引き落としにしている人も少なくありません。

その場合は当然引き落としされなくなります。

引き落としされなければ、それぞれの業者から督促が届くので、それぞれ対応すれば問題ありません。

ですが、気づかずにそのまま放置していると、保険が失効になったり、電気やガスが突然使えなくなったりする恐れがあるので注意しましょう。

昔からキャッシングを利用していれば過払い金の可能性も

クレジットカードにキャッシング機能を付けている人は少なくありません。

もし、昔からキャッシングを利用している場合には過払い金が発生している可能性があります。

過払い金があればお金が戻ってくることもあるので、そうなれば債務整理をしなくても済むかもしれません。

ただ、一般の人にはなかなかわからない部分もあるので、債務整理を含めて司法書士などの専門家に相談するのがおすすめです。

債務整理の方法によってはクレジットカードを残せる可能性もある

普段からクレジットカードを使っている人が急に使えなくなったら、なにかと不便に感じることでしょう。

クレジットカードについては、状況次第で残せる可能性はゼロではありません。

まず自己破産はすべての借金が帳消しになるため、クレジットカードのショッピングローンもすべてなくなります。

そのため、クレジットカードはその時点で使用できなくなります。

また、個人再生の場合も『債権者平等の原則』があるため、すべての借金を減額することになるので、この方法でもクレジットカードは使えなくなるのです。

残せる可能性のある方法は、任意整理をおこなうことです。

任意整理では、対象となる借金を選択することができます。そのため、クレジットカードを任意整理の対象外とすることも可能です。

しかし、借入のあるクレジットカードをそのまま使い続けるのは現実的に難しいのが実情といえます。

なぜなら、任意整理をすることで信用情報に影響が出るため、クレジットカード会社にそのことを知られてしまうからです。

その結果、そのクレジットカードは利用停止になってしまいます。

一方、まだ借入を一度も行っていないクレジットカードについては、使用ができる可能性も残されています。

そもそも借入のないクレジットカードは任意整理自体ができません。

そのため、もしも作ったまま放置していたクレジットカードがあるなら、利用できる可能性があります。

ただし、カード更新時には途上与信が行われるため、その後の利用は難しいと考えておきましょう。

債務整理前のカード利用は詐欺になる恐れも

クレジットカードは利用限度額までは買い物などで使うことができます。

そのため、債務整理する直前まで、また利用枠がまだ残っているから、いっそのこと使ってしまおうと思う人もいるかもしれません。

最終的に利息がカットされたり、借金自体が減額もしくはゼロになるわけですから、その前に使おうと思う気持ちもわかります。

実際に自己破産したとしても20万円以下のものは処分されませんから、その範囲内で品物を購入してしまおうと思いがちですが、これは財産の隠匿と判断されたり、詐欺で訴えられたりする恐れがあります。

どこまでならOKか、という明確な基準はありませんが、債務整理をすると決めたら使用をやめましょう。

クレジットカードは一定期間作れなくなってしまう

債務整理をするとブラックリストに載ってしまいます。

もしも任意整理で運よくクレジットカードを残すことができたとしても、ブラックリストに載るとそれ以降クレジットカードは作れなくなってしまいます。

とはいっても、一生クレジットカードが作れないというわけではありません。

あくまでブラックリストに載っている期間だけということになります。

ブラックリストに載る期間は、債務整理の方法と信用情報機関によっても異なりますが、任意再生ならおよそ5年、個人再生ならおよそ510となっています。

その期間が経てば事故情報が消えるのでクレジットカードの審査が通る可能性もあります。

とはいえ、債務整理をしたクレジットカード会社では情報は残っていますから、ブラックリストが消えても審査で落ちてしまうこともあります。

まとめ

チェック
  • クレジットカードも債務整理できる
  • 債務整理したら基本的にクレジットカードは解約に
  • 任意整理で外したクレジットカードは使い続けられることも
  • 債務整理したら一定期間クレジットカードは持てない

まずはお気軽に【兵庫・西宮】債務整理相談センターの無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-161-052

債務整理についてのご相談や任意整理の診断は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは【兵庫・西宮】債務整理相談センターまでお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~17:00
定休日:日曜・祝日
ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F

阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内

司法書士法人小笠原合同事務所

司法書士法人小笠原合同事務所の集合写真

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-161-052

メニュー

運営事務所紹介

事務所
お電話でのお問い合わせ
0120-161-052
メールでのお問い合わせ
住所

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F
阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内