【相談無料】兵庫(西宮)で債務整理経験豊富な司法書士法人小笠原合同事務所

【兵庫・西宮】債務整理相談センター

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F
阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内

運営:司法書士法人小笠原合同事務所

受付時間
平日9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

お電話での無料相談はこちら
0120-161-052

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

債務整理でブラックリストになるとどうなる?

「債務整理をしてブラックリストに載ったらどうなるの?」
「ブラックリストに載ったら会社にバレてクビになってしまう?」

このような不安があって債務整理を躊躇している人もいることでしょう。

今回は債務整理をすることでのデメリットの一つであるブラックリストに載ることについて解説します。

ブラックリストに載ったらどうなるのかを詳しく知った上で債務整理について考えてみましょう。

債務整理で載るとされるブラックリストって!?

債務整理をするにあたり、不安に思うのが、『ブラックリストに載ってしまう』ということです。これについてはいろいろ噂があります。

ブラックリストというと、要注意人物を表にしてチェックするリストというイメージがありますが、実際にそのようなリストは存在しません。

俗にブラックリストといわれるのが、信用情報機関にある事故情報となります

信用情報機関には、その人の借り入れ状況などの情報が載っており、借金をしている人なら誰でも登録される情報でこれ自体は何の問題もありません。

ただ、万が一借り入れに関しての返済遅れなどの事故があれば、それが記載されてしまうというわけです。

返済遅れなどについては事故情報として載るかどうか、信用情報機関によってまちまちですが、債務整理をした場合には確実に事故情報として登録されます

つまり俗にいうブラックリストに載ってしまうのです。

信用情報機関とは!?

信用情報機関とは国から委託された機関で、その人の信用情報を保管しています。

特に金融事故がない人でも、リストはあり借り入れの状況が載っているだけです。

信用情報機関としては以下の3つがあります。

  • JICC(株式会社日本信用情報機関)
  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

信用情報機関の情報は誰が見る!?

信用情報機関に事故情報が記録されることが俗にいう『ブラックリストに載った』ということです。

もし、ブラックリストに載って、それが会社や知人に見られてしまったら、それこそ信用問題になりかねないと思うでしょう。

ですが、この信用情報機関の情報は一般の人が簡単に見ることのできるものではありません。

つまり、「この人はブラックリストに載っている人だから信用できないな」なんて言われることはまずありえないのです。

では、誰が信用情報機関の情報をみるのか、それは主に借り入れを申し込んだ金融機関やクレジット会社になります。

借金を申し込む場合は金融機関の審査があり、信用情報を開示するという同意書にサインを求められます。まさにこのタイミングで信用情報機関の情報がチェックされるのです。

金融機関ではお金を貸すにあたり、この人はお金を貸してもちゃんと返してくれる人なのだろうか、という点を審査します。

その審査は申し込みした人の人望や性格をみているわけではありません。

あくまでこれまでの借り入れで返済トラブルがなかったかを調べており、そのために信用情報機関の情報をチェックするのです。

情報をチェックし「問題なく返済されている」ということが分かれば初めて「この人は信用できる人だからお金を貸しても大丈夫なはず」と判断されお金を貸してくれます。

自分で信用情報機関の情報を見ることはできますが、それ以外はほぼ金融機関が見るものと思っていいでしょう。

ですので、ブラックリストに載ったからといって他人や会社にバレることはほぼありません

債務整理でブラックリストに載ってしまうとどうなる?

債務整理をすれば、間違いなく信用情報機関のブラックリストに載ってしまいます。債務整理をするデメリットの一つはまさにこれです。

では、実際にブラックリストに載ったらどうなってしまうのか、不安になる人もいるでしょう。

噂では、ブラックリストに載れば以下のようなことがある、などと言われています。

  • 海外旅行に行けなくなる
  • 選挙権がなくなる
  • 会社をクビになってしまう
  • 家や車を手放さなければいけない
  • 結婚できなくなる
  • 一生ローンを組めなくなる
  • 一生クレジットカードも持てない

結論から言えば、上記のようなことは一切ありませんので安心してください。

海外旅行にも行けますし、選挙も普通にできます。会社にもバレることはまずありませんし、バレたからといってそれでクビになるのは不当解雇です。

自己破産をすれば家や車などの財産は競売にかけられることもありますが、任意整理や個人再生では財産の処分はありません。

結婚に関しては、ブラックリストに載ったことがバレれば破談になることもあるかもしれませんが、基本的にバレないので問題ないでしょう。

ブラックリストに載ってしまうと考えられる本当のデメリットとは次の通りです。

  • 金融機関から借金ができなくなる
  • クレジットカードを持てなくなる

考えられるのはこれくらいです。これくらいとはいっても、実際は大きなデメリットであることは間違いありません。

車を購入するにもマイカーローンが組めなくなりますし、商品を分割払いで購入することもできなくなります。

今は政府でもキャッシュレスを推奨していますから、その時代に反して現金主義で行かなければいけないのです。

債務整理をした場合ブラックリストにはいつまで載っている!?

債務整理をしてブラックリストに載るということは、「お金を貸してもしっかり返済してくれるわけではない人」というレッテルを貼られてしまうようなものです。

ですが、このブラックリストは一生付きまとう情報ではありません

一定期間を経過すれば、登録が削除されるのです。

つまり、ブラックリストに載ることで受けるデメリットも、一定期間のみになります。

ブラックリストに載る期間は、事故の状況や信用情報機関によっても変わってきますが、延滞による事故情報であれば5年以内、信用情報機関によっては延滞解消から1年程度で消えるところもあるのです。

ただ、債務整理によりブラックリストに記載された場合は、その期間はちょっと長くなります。

また債務整理にも種類がありますから、それによっても期間は違ってきます。

債務整理の種類とブラックリストに載っているおおよその期間は次の通りです。

  • 任意整理…およそ5年
  • 個人再生…約5~10年
  • 自己破産…約5年から10年

情報を登録する期間は信用情報機関によって変わってくるので、あくまでおおよその目安でしかありません。

ただ一般的には、任意整理の場合は5年以上、個人再生や自己破産をした場合には10年以上経過すればブラックリストは消えると思っていいでしょう。

それを過ぎれば、債務整理する前と同じ状態に戻ります。

ですが、これはあくまで信用情報機関のブラックリストが消えるということであり、金融機関には情報が残っていることもあります。

債務整理により借金を帳消し、または減額されてしまった金融機関からすれば、やはり信用できない人であることは事実でしょう。

そのため、ブラックリストが消えてから借り入れを申し込んでも、審査で落ちてしまう可能性はあります。

それでも他の金融機関は問題ありませんので、そこまで気にすることでもないでしょう。

まとめ

チェック
  • 債務整理をすると確実にブラックリストに載る
  • ブラックリストは誰でも見れるものではない
  • デメリットは借金ができなくなること
  • ブラックリストに載る期間は早くて5年、長くて10年

まずはお気軽に【兵庫・西宮】債務整理相談センターの無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-161-052

債務整理についてのご相談や任意整理の診断は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは【兵庫・西宮】債務整理相談センターまでお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~17:00
定休日:日曜・祝日
ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F

阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内

司法書士法人小笠原合同事務所

司法書士法人小笠原合同事務所の集合写真

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-161-052

メニュー

運営事務所紹介

事務所
お電話でのお問い合わせ
0120-161-052
メールでのお問い合わせ
住所

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F
阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内