【相談無料】兵庫(西宮)で債務整理経験豊富な司法書士法人小笠原合同事務所

【兵庫・西宮】債務整理相談センター

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F
阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内

運営:司法書士法人小笠原合同事務所

受付時間
平日9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

お電話での無料相談はこちら
0120-161-052

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

債務整理すると銀行口座は凍結してしまう?

「債務整理したら必ず銀行口座は凍結されてしまうの?」
「債務整理後に新しく銀行口座は開設できる?」

銀行口座の凍結は普段の生活ではまずありえないことですので、たいていの人は初めての経験かと思います。

今回は債務整理した場合の銀行口座の凍結について、どのような時に凍結されてしまうのか、どのような不具合があるのかを解説しています。

銀行口座を凍結されてしまう前に、ポイントを押さえて債務整理後の生活をトラブルなく送るようにしましょう。

債務整理ではすべての銀行口座が凍結されるとは限らない

債務整理したら銀行口座が凍結されるという話は耳にしたことがあるでしょう。

なんとなく聞いたことがあるという人はいても、実際に銀行口座が凍結されたという人はそういません。

日常生活の中では使っていた銀行口座が凍結されることは滅多にないことだからです。

銀行口座の凍結とは、その名の通りその銀行口座が固まってしまう、つまり使えなくなってしまうこと、と思われがちですが、実際はそうではありません。

ハッキリ言うと銀行口座が解約されるよりも厄介です。

普段の生活ではめったに銀行口座が凍結されてしまうことなどありませんが、債務整理すると凍結されてしまうことがあるので、債務整理する前にその仕組みを知っておきましょう。

銀行口座が凍結されたらどうなるの?

銀行口座が凍結されたらどうなるか、というと実は一切使えなくなるということではありません。できなくなるのは、その銀行口座からの引き出しや引き落としになります。

つまり、預金残高を減らすことができなくなるのです。

そのため、銀行口座に入金することや振込入金はおこなわれます。

ただし、引き出し・引き落としができないわけですから、給料などの振り込みがあっても引き出せない、入金しても公共料金などの振替は実行されません。

対象となる銀行口座とは?

債務整理したらすべての銀行口座が凍結されてしまうのでは、と思う人もいますがそうではありません。

対象となるのは、あくまで債務整理を行った銀行、系列の銀行ということになります。

そのため、銀行カードローンを債務整理した場合には、その銀行の口座全てが凍結されます。

一方、カードローンを申し込んだだけでまだ借入していないようなケースであれば、凍結にはなりません。

銀行口座の凍結はいつから?

いつから銀行口座は凍結されてしまうのか、というと、司法書士などに依頼して、その専門家から銀行等の金融機関に受任通知が届いた時です。

受任通知が届くと、該当する銀行はすぐに口座をストップさせます。

債務整理されると、銀行では貸したお金が回収できなくなるため、少しでも回収するために凍結させて預金を借金の返済に回すのです。

どれくらいの期間凍結されてしまう!?

一度銀行口座が凍結されてしまったら、その銀行口座は一生使えなくなるのかというとそういうわけではありません。

銀行の口座凍結はあくまで一時的な処置であり、その後は解除されるのがほとんどです。

一般的には、代位弁済が終わったら解消されることでしょう

一般的な目安は13ヶ月ですが銀行によって異なります。

そして、銀行口座の凍結が解除されたからといって、それまでに預金していたお金が引き出せるわけではありません。

残高はゼロもしくは大幅に減額(借金分を差し引かれる)となるため、そこから新しくスタートすることになります。

銀行口座が凍結される前にやっておくこと

債務整理した場合、銀行口座が凍結されてしまうことは防ぎようがありません。

いくら銀行に、「給料なのでそれだけは引き出させてください」といったところで聞いてくれないことでしょう。

そのため、大切なのは凍結される前に、その後の生活に支障が出ないように対策をすることです。

預金はすべて引き出しておく

まず、第一にすることは、債務整理の対象となる銀行口座に積んでいる預金はすべて引き出しておくことです。

自己破産の場合は引き出したところで、自由財産以外は没収されてしまうので同じですが、任意整理や個人再生の場合は、引き出しておけば凍結されて引き出せなくなる危険性がありません。

メインバンクとして使っていれば、その預金はその後の生活に必要なものでしょうから、まずは債務整理前に引き出しましょう。

給与などの振込先は変えておく

給料は銀行口座に振り込み、というケースがほとんどではないでしょうか。

銀行口座が凍結されても入金や振込入金はできますので、何もしなければ給料はそのまま振り込まれてしまうでしょう。

債務整理するからといって、預金をすべて引き出したとしても、銀行口座が凍結された後に給料が振り込まれたら、引き出しができなくなるのです。

会社に内緒で債務整理したいという方も多いので、本当ならば振込口座を変えたくないものでしょう。

ですが、新しい生活をスタートされるには給料は大切な収入源ですから、そこは事前に振込先を変えておくことが重要です。

会社によっては指定の金融機関があるかと思いますが、お願いすれば振込手数料を負担すれば受け付けてくれるはずです。

税金や公共料金の引き落とし口座をすべて変える

凍結される銀行口座をメインバンクとしている人は、税金や公共料金の引き落としなどすべてその銀行口座にしている人も少なくないでしょう。

意外とこの手続きは忘れてしまいがちですが、しっかりと口座を変更しておかないと、銀行口座が凍結された後は振替不能となってしまいます。

手続きのために、後日振込用紙などが送られてくることも多いですが、中には翌月に不足分も一緒に振替になることもあります。

振替口座を変更しないと、いつまでも引き落としされないままになってしまいます。

保険なら3ヶ月分未納となると、自動解約となってしまうこともありますし、電気やガス、水道だとある日突然供給がストップしてしまう、なんてことにもなりかねません。

そのため、その銀行口座に関わる入金や引き落としはすべて債務整理の対象にならない銀行口座に変更しておきましょう。

債務整理しても新規で銀行口座は作れる?

人によっては、自分が持っている銀行口座のすべてが債務整理の対象になっているということもあるのではないでしょうか。

そうなると、給料の入金口座や公共料金の振替口座を変更することも難しくなります。

ですが、債務整理をしても、その対象外の銀行の口座であれば問題なく新しい口座を作ることが可能です

しかも銀行窓口に行けばその日のうちに口座開設ができますし、ネット銀行でも数日でできるケースが多いので問題ありません。

まとめ

チェック
  • 債務整理の対象となった銀行や系列金融機関は銀行口座が凍結される
  • 銀行口座が凍結されたら、引き出し・振替ができなくなる
  • 銀行口座が凍結されても入金や振込入金は可能
  • 債務整理前に、給与振込口座や振替口座の変更をすることが重要
  • 債務整理の対象になっていない銀行口座は開設できる

まずはお気軽に【兵庫・西宮】債務整理相談センターの無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-161-052

債務整理についてのご相談や任意整理の診断は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは【兵庫・西宮】債務整理相談センターまでお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~17:00
定休日:日曜・祝日
ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F

阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内

司法書士法人小笠原合同事務所

司法書士法人小笠原合同事務所の集合写真

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-161-052

メニュー

運営事務所紹介

事務所
お電話でのお問い合わせ
0120-161-052
メールでのお問い合わせ
住所

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F
阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内