【相談無料】兵庫(西宮)で債務整理経験豊富な司法書士法人小笠原合同事務所

【兵庫・西宮】債務整理相談センター

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F
阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内

運営:司法書士法人小笠原合同事務所

受付時間
平日9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

お電話での無料相談はこちら
0120-161-052

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

任意整理のデメリット

「任意整理にはどんなデメリットがあるの?」
「任意整理のデメリットを避ける方法はある?」

任意整理は、債務整理のひとつで、利息分をカットしてもらうことなどにより、借金返済の負担を少なくすることができる方法です。

確かに、借金返済の負担が減って、無理なく返済できるようになるのは大きなメリットでしょう。

しかし、反面、いくつかのデメリットがあるのも事実です。

そこで今回は、任意整理のデメリットについて分かりやすく解説します。

任意整理を予定している人で、どんなデメリットがあるか気になる人は、ぜひ読んでみてください。

任意整理とは?

借金が重くのしかかっている人

任意整理とは、債務整理の4つの方法のうちの一つで、借金の返済をがんばって行っても、完済のめどが立たない人のための手段になります。

任意整理は、主に債権者に借金の利息をカットしてもらうことで返済を楽にする方法です。

債権者との交渉が成立した後は、返済総額を3~5年程度で分割して支払うことになります。

また、任意整理とは裁判所を通すことなく、基本的には当事者同士の話し合いにより解決の道を探ることになる方法であるため、比較的簡単な手続きとなり短期間で解決可能です。

短期間に返済するのは難しいけど、3~5年なら問題なく返済できるといった人には、メリットの大きな方法となるでしょう。

任意整理の主なデメリットは?

任意整理にはどんなデメリットがあるか、具体的に確認していきましょう。

ブラックリストに載る

任意整理をすると、「ブラックリストに」載るのが大きなデメリットになります。

ブラックリストとは、借金の返済に問題がある人のリストで、金融業者が共有しているものです。

ブラックリストに載ると、以下のようなデメリットがあります。

  • クレジットカードやローンが利用できなくなる
  • 賃貸住宅を借りる際に家賃保証会社の審査で落ちてしまう

ブラックリストに載っている間は、上記のデメリットがずっと付きまといます。

車など大きな買い物をしたり、旅行などで支出が多くなったりする場合でも、現金支払いなどで対応することになるので不便です。

比較的審査が甘いと言われているようなローンやクレジットカードも、高確率で審査落ちとなるでしょう。

一定の収入がなければ認められない

任意整理は、会社員などで安定した収入がないと難しい方法です。

任意整理は、借金の利息分をカットする方法であり、借金の元本まで返済を免除してもらうことはできません。

したがって、今後は返済計画に基づいて元本分を返していくことなります。

3~5年で返済していくためには、返済期間中に安定した収入を確保することが必要です。

たとえば、現在無職であるなど、安定した収入がない場合は、返済し続けることを保証できません。

そのため、任意整理以外の方法で債務整理をすることを考えることもあります。

債権者が交渉に応じないことがある

任意整理がスムーズにできるかどうかは、債権者次第と言えます。

任意整理の場合、債権者が利子をカットするのは義務ではないからです。

借金に法律で認められた利率をかけるのは正当な権利ですから、要求を受け入れなくても罰則はありません。

特に、短期間の借金に対して利息の免除を要求すると、反発が大きくなりがちです。

最初から任意整理を見越して借金をしたのではと疑われて、利子をカットしないかたくなにと言い張られる可能性があります。

いずれにしても、債権者が交渉に応じないのでは、手続きがなかなか進まず長期化することでしょう。

とはいえ、債権者にとっても滞納を続ける利用者というのは悩ましいものです。

上記のような特別な事情がない限り、任意整理を拒む金融機関はありません。

借金の元本を大幅に減らすことは難しい

任意整理では、借金の利息をカットしてもらえることは多くても、元本まで大幅に減らしてもらえることは難しくなります。

確かに、利息をカットしてもらえるだけでも返済総額が大幅に減るのは大きなメリットです。

たとえば、100万円を年利15%で借り、リボルビング払い(元利均等返済方式)で毎月3万円ずつ返済したとしましょう。

44回で返済が完了すると、返済総額は約130万円。利子はおよそ30万円です。

この利子をカットしてもらうことができれば、30万円が免除されるので負担が大きく減るのです。

しかし、借金の元本はそのまま残るので、返済義務がすべて免除されるわけではありません。

そのため、今後も新たな返済計画に沿って毎月支払い続けることになります。

もちろん、業者が応じてくれれば、元本分の減額もあり得ますが、ほぼ期待できません。

中には、思ったよりも借金返済の負担が軽くならない、と感じる場合もあるでしょう。

任意整理のデメリットに対する誤解

任意整理のデメリットで、よくある誤解について解説します。

ブラックリストに一生掲載されるわけではない

任意整理をするとブラックリストに載るのは事実ですが、一生掲載されるわけではありません。

ブラックリストに載るのは、5~10年程度です。

したがって、情報が消えれば以前と同様にクレジットカードやローンを利用できることになります。

なお、どのタイミングでブラックリストから情報が消えるかは分かりません。情報が消えても特に通知が来ることもないので、注意しましょう。

銀行の通帳やキャッシュカードは利用できる

任意整理を行った後でも、銀行の通帳やキャッシュカードは引き続き使用できます。

銀行の窓口やATMを使えなくなることはないので、安心してください。

ただし、キャッシュカード機能だけではなく、クレジットカード機能が付いているものの場合、クレジットカード機能は使えなくなります。

なお、クレジットカード機能が使えなくなると、キャッシュカードとしても使用不可になることもあるので、銀行に確認してみてください。

戸籍や住民票には記載されない

任意整理を行うと、戸籍や住民票に記載されるといううわさがありますが、事実ではありません。

戸籍や住民票と、任意整理はまったく関係がないので、記載されることはないのです。

したがって、何かの手続きで戸籍謄本や住民票の写しを提出することになっても、任意整理の事実が提出先にバレることもありません。

任意整理のデメリットを少なくする方法は?

任意整理のデメリット極力少なくする方法を見ていきましょう。

専門家に相談して手続きする

任意整理を効率よく進めるためには、専門家に相談して手続きすることがおすすめです。

借金の返済に困ったら、なるべく早く司法書士などの専門家に相談してください。

日にちが経つほど、状況が悪化するだけです。

司法書士など法律の専門家なら、債務整理のコツを熟知しているので、ベストな解決法を教えてくれるのもメリットです。

任意整理のデメリットを極力少なくするためにも、専門家の知恵を借りて早めに手続きをしましょう。

まとめ

チェック
  • 任意整理をするとブラックリストに載るなどいくつかのデメリットがある
  • 任意整理の手続きをする前にデメリットをよく理解しておく必要がある
  • メリットよりデメリットが大きく感じる場合は、そのほかの方法で債務整理をすることも考える
  • デメリットを最小限に抑えるためにも司法書士などに早めに相談するのがおすすめ

まずはお気軽に【兵庫・西宮】債務整理相談センターの無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-161-052

債務整理についてのご相談や任意整理の診断は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは【兵庫・西宮】債務整理相談センターまでお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~17:00
定休日:日曜・祝日
ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F

阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内

司法書士法人小笠原合同事務所

司法書士法人小笠原合同事務所の集合写真

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-161-052

メニュー

運営事務所紹介

事務所
お電話でのお問い合わせ
0120-161-052
メールでのお問い合わせ
住所

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F
阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内