【相談無料】兵庫(西宮)で債務整理経験豊富な司法書士法人小笠原合同事務所

【兵庫・西宮】債務整理相談センター

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F
阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内

運営:司法書士法人小笠原合同事務所

受付時間
平日9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

お電話での無料相談はこちら
0120-161-052

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

銀行カードローンを任意整理する時の注意点

「銀行カードローンで借りすぎて支払いが厳しい」
「銀行カードローンの任意整理はできるの?注意すべき点は?」

近年、借金問題の主役は貸金業者から銀行カードローンへと移行しつつあります。

銀行は利息が低い上に総量規制外であることから簡単にたくさんお金を借りることが可能です。

そのためか銀行カードローンから多額の借金をしてしまい返済に困っている方が増えているのです。

今回は銀行カードローンと貸金業者との違い、任意整理を行う際に注意すべき点や対処法についてご説明していきます。

銀行カードローンの任意整理は増加傾向にある

近年、消費者金融よりも銀行カードローンによる借金を任意整理する人が増えています。

なぜ増加傾向にあるのか、銀行カードローンの特徴などから少し解説していきましょう。

利用者が増えている様々な理由

以前は借金問題というと消費者金融でのキャッシングやクレジットカードのキャッシングおよびショッピングローンがメインでした。

しかし現在は銀行カードローンの債務を任意整理したいという方が増加してきています。

これには様々な理由がありますが、主に考えられるのは以下のものです。

  • TVCMが積極的に流されている
  • 消費者金融より利息が低い
  • 銀行は信頼感がある
  • 総量規制で消費者金融利用者が銀行に流れてきている

実際にTVを見ていると時間帯を問わず銀行カードローンのCMをよく観ます。

有名な役者を起用し信頼感を全面に出すとともに利息が低いこともうまくアピールできているのではないでしょうか。

銀行は総量規制の対象外である

もちろん、「銀行なら信頼できるし利息が低いので安心して借りることができる」というイメージだけで利用者が増えているわけではありません。

最も大きな理由は銀行が「総量規制の対象外」であることが挙げられます。

総量規制は2010年から開始された規制で「個人の借金総額が年収などの収入の3分の1までに制限される」というものです。

この規制は消費者金融などの貸金業者のみに適用されるもので、銀行はこの制限を受けることがありません。

総量規制の制限がないため、多くの銀行カードローンでは借入限度額の上限が高く設定されているものがほとんど。

中には1000万円まで借入れできる商品まであります。

そういったことから、銀行カードローンはお金を借りやすく、借りたい人にとって魅力的に見える商品と言えるでしょう。

「簡単にたくさん借りやすい」に潜む罠

利息が低いとはいえ借金であることに変わりはなく、限度額いっぱいまで借りてしまうと返すのがかなり厳しくなります。

実際、最近は銀行カードローンの返済が困難になり、任意整理を始めとした債務整理を考えている方も増えてきているのです。

利息が低く簡単にたくさん借りられる、これは銀行カードローンの魅力ではありますが、ある種の罠でもあるのです。

銀行カードローンで任意整理する際の注意点

銀行カードローンの支払いが困難になってしまった場合、そのまま滞納してしまうのはもちろんよくありません。

借金ですから、滞納が続けば差し押さえなどの強制執行をされることもありえます。

返済が難しいと感じるのであれば債務整理を考えるべきでしょう。

銀行カードローンを任意整理する場合のポイントをまとめていきます。

銀行カードローンと貸金業者の違い

銀行カードローンの場合も他の借金と同様に任意整理することが可能です。

ただ、銀行カードローンは消費者金融などと違う部分もありますのでまずはそこを抑えておきましょう。

「消費者金融」

  • 利息は高め
  • 過払い金の可能性がある
  • 一般的に保証会社はつかない
  • 貸金業者なので預金口座はない

「銀行カードローン」

  • 利息が低い
  • 過払い金はない
  • ほぼ保証会社がついている
  • 預金口座が存在する

こうして見比べると、銀行カードローンと消費者金融では全く性質が異なっているのがわかります。

これは債務整理をする上で大きく関係するので覚えておいてください。

減額効果が低い

貸金業者と違って銀行カードローンの場合は任意整理をしても減額効果が低い傾向にあります。

先程の比較を思い出していただければわかりますが、

  • 利息が低い=将来の利息はもともとそれほど多くはない
  • 過払い金がない=過払い金返還によって元本を減らすことができない

といった銀行カードローンの特徴から、減額効果はどうしても低くなりやすいのです。

預金口座の凍結に注意

銀行と貸金業者の最も大きな違い、それは預金口座が存在するという点です。

銀行カードローンと同じ銀行に預金口座を持っている状態で任意整理をした場合、口座凍結というリスクがあります。

銀行側は任意整理の通知を受け取ると、債権を保存するために債務者の口座を凍結する権利があります。

凍結された方は驚きとともに非常に困ってしまいますが、銀行側からすれば当然の行為となります。

保証会社がついている

また、銀行カードローンの場合、貸金業者と違ってほぼ必ず保証会社がついてきます。

任意整理をすると保証会社は債務者の代わりに銀行へ代位弁済することで、新たな債権者となります。

その結果、任意整理の交渉相手は銀行ではなく保証会社ということになるのです。

交渉成立後も保証会社へと返済していく形となります。

大きな問題というわけではありませんが、任意整理の交渉はやや複雑化しやすいでしょう。

もちろん専門家であればこうした事態も理解しているので問題なくすすめていくことができます。

銀行カードローンも任意整理するメリットがある

貸金業者と比べて減額効果が薄く口座凍結といったリスクもある銀行カードローンの任意整理。

一見、メリットがないように思えますが、もちろんそんなことはありません。

実際にどのようなメリットがあるのか解説していきます。

利息カットは十分なメリット

銀行カードローンは利息が低く任意整理による減額効果があまり高くありません。

それでも利息をカットすることができれば、支払総額は確実に減額できます。

将来的なことを考えればこれは確実なメリットであるといえるでしょう。

銀行カードローンの利息は50万だと14%程度、100万だと12%程度がほとんどです。

たとえば、借入金100万円で12%の利息を72ヶ月で返済するとしてシュミレーションした場合は以下のようになります。

  • 毎月の返済額19,950円で支払総額は1,407,600

これを見ておわかりのように借りた金額の4割、つまり40万円以上の利息がついてくることになるのです。

また、残高スライド方式の返済だと利息をさらに支払うことになるので、実質5割前後多く返済しなくてはいけなくなるのです。

任意整理をすればこうした利息をカットすることができますので、やる意味は確実にあるといえるでしょう。

口座凍結も事前対処すれば怖くない

銀行カードローンの任意整理をすると同行の預金口座が凍結されます。

事前に銀行側のこうした対応を知らないと焦ってしまいますが、知識さえあれば問題ありません。

任意整理をする前に該当銀行の口座から預金を引き出しておく

これならば凍結されても困ることはないでしょう。特に以下のような場合は必ず事前対処をしておいてください。

  • すべての貯金が該当口座に入っている
  • 給与振込先が該当口座である
  • 引き落とし口座として利用している

貯金すべてが入っている場合、引き出すことができずに生活するのに困ってしまいます。

給与の振り込みや引き落と用として利用している場合は、口座変更を手早く行ってください。

こういった対処をしておけば、銀行カードローンの任意整理も安心して行えます。

まとめ

チェック
  • 銀行カードローンの任意整理が増えている
  • 貸金業者と比べて減額効果が薄い
  • 任意整理することで預金口座が凍結される
  • それでも銀行カードローンの任意整理にはメリットがある
  • 任意整理時の注意点を理解し事前に対処を

まずはお気軽に【兵庫・西宮】債務整理相談センターの無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-161-052

債務整理についてのご相談や任意整理の診断は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは【兵庫・西宮】債務整理相談センターまでお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~17:00
定休日:日曜・祝日
ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F

阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内

司法書士法人小笠原合同事務所

司法書士法人小笠原合同事務所の集合写真

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-161-052

メニュー

運営事務所紹介

事務所
お電話でのお問い合わせ
0120-161-052
メールでのお問い合わせ
住所

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F
阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内