【相談無料】兵庫(西宮)で債務整理経験豊富な司法書士法人小笠原合同事務所

【兵庫・西宮】債務整理相談センター

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F
阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内

運営:司法書士法人小笠原合同事務所

受付時間
平日9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

お電話での無料相談はこちら
0120-161-052

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

任意整理とはどんな手続き?

「任意整理とはどんなものだろう」
「任意整理とはどんな手続きや注意点がある方法?」

こうした疑問をお持ちの人のために、今回は、任意整理とはどんな方法なのか分かりやすく解説します。

借金の返済に困り果てたときは、早めに任意整理を考えることがおすすめです。

しかし、そもそも任意整理とはどんな方法なのか、よく知らないのでは何かと困るでしょう。

また、手続きを進めるときの注意点も理解しておく必要があります。借金返済の悩みから1日でも早く解放されるためにも、ぜひ、参考にしてください。

任意整理とは?

借金が重くのしかかっている人

任意整理とは、債務整理の方法の一つです。

どんな特徴があるのか、どんな手順で進められるのか詳しく見ていきましょう。

任意整理は債務整理の一つ

任意整理とは、債権者との間に司法書士などの専門家が入り、利息のカットや今後の借金返済について交渉する手続きです。

主に、債権者と交渉して利息カットをすることにより、借金の返済総額を減らすことになります。

債務整理の方法は、任意整理のほかにも、個人再生・特定調停・自己破産があり、合わせて4種類となります。債務整理の4種類の中でも、比較的早期に解決しやすいのが特徴です。

任意整理の流れ

任意整理は、以下のような手順で進められます。以下は、司法書士に手続きを依頼した場合の一例です。

  1. 司法書士が債権者に受任通知(任意整理の依頼を受けたことの通知書)を送付する
  2. 債権者から取引履歴が開示される
  3. 取引履歴の内容をチェックし過払い金の有無を調査する
  4. 司法書士が債権者と利子のカットや返済計画(3~5年程度での分割払い)などを含めた和解交渉を進める
  5. 和解交渉成立後は、計画に沿った返済を債権者を行う

債権者もなるべく損をしたくない気持ちがあるので、元本の返済が確実になるのなら利子はカットしてもよいとしてくれることも多く、大きくもめることはあまり見られません。

任意整理とは多くのメリットがある方法

任意整理の主なメリットには、以下のようなものがあります。

債権者の取り立てがストップする

任意整理の手続きが始まると、債権者の取り立てがストップします。

電話やメール・直接訪問などで取り立てを受けていた場合は、精神的に解放されるので大きなメリットです。

また、取り立てがストップすれば、家族にも迷惑がかからなくなり安心でしょう。

借金返済自体の大変さよりも、精神的な苦しみのほうが大きいと言う人もいます。

特に、まじめな性格の人ほど、債権者からの取り立てが苦痛で、精神的に追い詰められやすいので注意しましょう。

できるだけ早く任意整理の手続きをすることをおすすめします。

借金の利息を交渉によりカットできる

任意整理では、借金の利息をカットしてもらえるように、司法書士などの専門家が債権者に依頼します。

債権者が承諾すれば利息分の支払いが免除されるので、借金総額を減らすことができるため、返済計画が立てやすくなるのです。

借金をすると、毎月きちんと返済していても、思っている以上に利息分の負担が大きいことに驚くことでしょう。

多額の借金をしている場合、長期返済で毎月の返済額が少なくなるほど、利息分の負担が増えるばかりで、いつまでたっても完済できないことが多くなります。

利息分だけでもカットしてもらえるのは、大きなメリットなのです。

また、多くのケースで60回払いを受け入れてくれるため、月々の返済額は大分下げられることになります。

以下に1つ、任意整理前後での例を挙げておきましょう。

任意整理前後の表

上記の表のように、A~E社の合計5社から320万円の借金があったとすると、月々の返済額は約10万8千円程度になります。

そして、うまく滞ることなく完済できれば、利息を含めた合計が約388万円くらいになるでしょう。

ここで、任意整理をすれば、任意整理を行った時点から利息がゼロになり、元本だけを約60回払いで返済していくことになりますので、将来的に発生する利息分(ここでは68万円)がゼロとなります。

つまり、320万円の借金は、320万円だけを60回払いすればよくなるというわけです。

月々の返済額は、約5万5千円になるため、これまでの返済に比べると約半分くらいになりますので、生活に余裕を持たせることが出来るでしょう。

対象となる債権者を選べる

任意整理は、手続きをする対象を選べるのも大きなメリットになります。

たとえば、消費者金融業者からの借金を対象にする一方で、住宅ローンを組んでいる銀行は対象から外すといったことも可能です。

債権者を選ぶことで、ローンが残っている財産を守ることができるので、家族の生活に影響を与えにくくなります。

持ち家や車を手放すことなく債務整理を進めたいのなら、任意整理を検討するといいでしょう。

また、借金の際に保証人を立てたものを外すことで、保証人に迷惑をかけずに済むのもメリットです。

官報に載らない

任意整理では、官報に載らないこともメリットです。

官報は政府が発行するもので、倒産情報や破産者情報などを告知しています。

官報に載ると、ほかの人の目に留まる可能性がゼロとは言えません。

たとえば、会社の業務で閲覧することで、たまたま目に留まることもあるでしょう。

また、官報やインターネットで閲覧したり、大型書店などで購入したりすることもできるので、一般の人にもバレてしまうことがあります。

確かに、官報を見る機会がある人は、限られています。

しかし、可能性がゼロではない以上は、載らないほうが良いことに違いはありません。

官報に載りたくない、ほかの人にはなるべく知られずに借金の問題を解決したいというのなら、任意整理がおすすめです。

職業制限がかからない

職業制限がかからないのも、任意整理のメリットです。

自己破産などでは、一連の手続きが終わるまで、弁護士や税理士・警備員など、一部の職業に制限がかかります。

そのため、職業制限がかかる期間は、仕事に支障が出てしまうのです。

数か月程度とはいえ、仕事に支障があれば当然収入も減りますし、会社勤めの場合は評価が下がって減給処分になるケースもあるでしょう。

職業制限がかからないように債務整理するには、任意整理がピッタリです。

任意整理のデメリットも理解しおこう

任意整理の主なデメリットは、以下をご覧ください。

デメリットをきちんと理解しておくことが、手続きしてから後悔しないポイントです。

クレジットカードやローンが利用できなくなる

任意整理をすると、クレジットカードやローンを利用できなくなります。

理由は、ブラックリストに載ってしまうからです。

ブラックリストとは、金融機関が共有しているリストで、借金の返済が滞っているなど問題がある人の情報が載っています。

ブラックリストに載っている間(5~10年程度)はクレジットカードやローンの利用ができないので、大きな買い物をするときに不便です。

たとえば、携帯電話の料金や公共料金などをクレジットカードで支払っている場合も、支障が出ます。

債権者が利息カットに応じないこともある

債権者が利息カットに応じない場合、任意整理のメリットがなくなってしまいます。

任意整理は、法的な強制力を持たないため、債権者が嫌だと言えば成立しません。

利息カットは、債権者にとって損になるからです。

したがって、利息分の負担が減ることなく、丸ごと返済義務が残るケースもあります。

債権者が利息カットに応じない場合は、引き続き交渉をすることもできますが、場合によっては任意整理の対象から外すなどを考えることも必要です。

交渉が長びいて一向に解決しない状況を防ぐことができます。

3~5年の間分割払いが続く

任意整理とは利息のカットが主な減額手段とする方法なので、元本が大幅に減額されることはまずありません。

確かに、利息分のカットに応じてくれる債権者が多いとしても、元本の減額は認めないケースがほとんどです。

そのため、3~5年で継続して支払いを続けることになります。

手続き後は、返済期間が長く、また、利子をカットしてもらうことで毎月無理なく返済できる金額になるので、随分楽なのは事実です。

しかし、借金そのものが大幅に減るわけではなく、分割払いをずっと続けることへのプレッシャーもあります。

万が一支払いが滞れば、せっかく残した財産も売却せざるを得なくなるケースもあるでしょう。

任意整理に詳しい司法書士に相談を

相談風景

任意整理を効率よく確実に進めるには、法律に詳しい専門家に相談することがおすすめです。

たとえば、債務整理の実務に詳しい司法書士や弁護士に相談すれば、任意整理とはどんなものか分かりやすく説明してもらえると共に、最もメリットが大きい方法を考えて動いてくれます。

一人で悩みを抱え込んでも、問題が自然に解決するわけではありません。

借金の問題を早期に解決し、できるだけ有利な条件で返済できるようにするためには、法律の専門知識が豊富で、債務整理の実務に詳しい司法書士や弁護士の力を借りましょう。

まとめ

チェック
  • 任意整理とは債務整理の一つで利息のカットや返済計画の調整により借金の返済を楽にする方法のこと
  • 債権者との交渉は司法書士などの法律の専門家が間に入って行う
  • 対象となる債権者を選べるので、ローン中の持ち家や車を残すことも可能
  • ブラックリストに載るなどのデメリットもよく理解してから手続きをすること
  • 手続きをスムーズかつ有利に進めるためにも実務に詳しい司法書士に相談するとよい

まずはお気軽に【兵庫・西宮】債務整理相談センターの無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-161-052

債務整理についてのご相談や任意整理の診断は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは【兵庫・西宮】債務整理相談センターまでお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~17:00
定休日:日曜・祝日
ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F

阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内

司法書士法人小笠原合同事務所

司法書士法人小笠原合同事務所の集合写真

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-161-052

メニュー

運営事務所紹介

事務所
お電話でのお問い合わせ
0120-161-052
メールでのお問い合わせ
住所

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F
阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内