【相談無料】兵庫(西宮)で債務整理経験豊富な司法書士法人小笠原合同事務所

【兵庫・西宮】債務整理相談センター

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F
阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内

運営:司法書士法人小笠原合同事務所

受付時間
平日9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

お電話での無料相談はこちら
0120-161-052

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

自己破産で没収されるものは?残せるものはある? 

「自己破産で没収されるものは何?」 
「自己破産をしても残せる財産はあるの?」
   

自己破産をしたらマイホームも家具も何もかも没収され、身ぐるみ剥がされる… 

そんなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか? 

そのイメージ、実はほとんどが間違いです。 

結論から言うと、自己破産をしても全ての財産が没収されるわけではありません。 

最低限必要な生活必需品は没収されません。 

生活必需品まで没収されてしまっては、自己破産後の生活を立て直すことができないからです。   

ここでは、自己破産をした場合に没収されるもの、残せるものについて、詳しく解説します。

自己破産で没収されるもの

自己破産は借金をチャラにできる最強の方法であるがゆえに、財産の処分は避けて通れません。 

基本的には、持っている財産は全て処分して現金に換え、カード会社(クレジットカード会社、消費者金融、銀行)に配当しなければなりません。 

自己破産で没収されるものの例を挙げると、以下のようになります。   

  • 住宅や土地 
  • 宝石類、貴金属、ブランド品 
  • 車やバイク 
  • 保険の解約金 
  • 退職金 
  • 現金、預金等 

住宅や土地は高額なケースが多いので、マイホームを所有している方は、残念ながら、手放すことになるでしょう。 

また、貴金属やブランド品は、没収されても生活に支障がなく高価なものなので、没収の対象になります。   

一方、その他の財産については、一般的には現在の価値が20万円以上の場合のみ没収されます。 

また、現金については例外で、99万円以下は手元に残すことができます。 

例外的な財産については、以下の「自己破産をしても残せるもの」で詳しく説明します。

自己破産をしても残せるもの 

はじめにお伝えした通り、自己破産をしても、自己破産後に生活に必要な財産は手元に残すことが認められています。 

自己破産をしても残せるものとして認められているのは、以下の財産です。 

  • 99万円以下の現金 
  • 差し押さえ禁止財産 
  • 価値が20万円以下の財産 
  • 自己破産開始決定後に取得した財産 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。 

99万円以下の現金は残せる

99万円以下の現金は無条件で保有することが認められています。 

1世帯が1ヶ月暮らしてくのに必要な金額が大体33万円で、その3ヶ月分は保護しようという考えからです。 

これはあくまでタンス預金やお財布にある現金だけで、銀行預金や定期預金は含まれません。   

だからと言って、自己破産前になるべく多くの現金を残しておこうと預金を引き出すと、裁判所に認められない可能性があります。 

特に、弁護士が介入してから現金化をするのは止めておきましょう。 

無理のない範囲で、少し多めに現金を持っておくくらいの気持ちであれば良いでしょう。 

差し押さえ禁止財産

次に、自己破産をしても没収されないものとして、差し押さえ禁止財産があります。 

これは「生活必需品」と言い換えることができるでしょう。   

差し押さえ禁止財産は、主に以下の通りです。   

  • 生活に必要な衣服、寝具、家具 
  • 1ヶ月間の生活に必要な食料、燃料 
  • 職務上欠かせない器具類 
  • 仏像や位牌 
  • 勲章やトロフィー 

など 

特に皆さんに関係があるのは、衣服や家具・家電類でしょう。 

自己破産をしても、一般的な家庭にある家具や家電、日用品まで没収されることはありません。 

例えば、冷蔵庫やエアコン、掃除機、パソコン、食器、机などの家具・家電類は、全て差し押さえ禁止財産です。 

その他、C Dやゲーム、漫画などは処分しても価値が低いので、処分の対象にはなりません。 

価値が20万円以下の財産

処分しても現金で20万円以下にしかならない財産は、特別に「自由財産」として手元に残せるケースがあります。 

車やバイク、預貯金や保険の解約金であっても、20万円以下の場合は没収されません。 

例えば、「時価15万円の車」、「10万円の保険解約金」、「18万円の銀行預金」などを所有していても、全て20万円以下なので手元に残すことができます。 

この20万円という金額は、破産管財人に支払う報酬が賄えるかどうかの基準になっていると考えられます。 

自己破産では処分する財産がある場合、破産管財人が選任されることになるからです。 

破産管財人へは、最低でも20万円の報酬を支払わなければなりません。 

ただし、「財産一つ一つが20万円以下」という基準ではなく、「財産の合計額が99万円以下」という別の基準で運用している裁判所もあるようですので、詳しくは司法書士・弁護士へ一度ご相談ください。 

破産手続き開始後に取得した財産

自己破産で処分されるものは、「自己破産の開始決定時」に所有している財産の中から決まります。 

つまり、破産手続き開始後に取得した財産は、処分の対象にはなりません。 

例えば、破産手続き開始後に振り込まれた給与や、親から受けた相続などは、破産整理と全く関係がありません。 

給与の振り込み日や相続を受ける日などは、なるべく自己破産の開始決定後となるよう、注意しましょう。

生活に必要なものは守られる

このように見ると、「自己破産をすると何もかも失って身ぐるみ剥がされる」というのは間違ったイメージであったとお分かりいただけたでしょう。 

意外に、裁判所も太っ腹。 

自己破産をしても生活に必要なものの多くは手元に残すことができます。   

自己破産の目的は、借金に苦しむ人を救済し、生活の再建を図ることです。 

今後の生活を再建するために必要と考えられる財産は、自己破産をしても守られるのです。 

まとめ

チェック
  • 自己破産では、全ての財産を処分する代わりに借金をゼロにしてもらう手続き。 
  • 自己破産をすると土地や住宅、高価な宝石類やブランド品は没収される。車やバイク、預金や現金も一定額以上のものは没収される。 
  • 自己破産をしても今後の生活に必要なものは没収の対象にならず、特別に保有が認められる。 
  • 自己破産をしても残せる財産は、99万円以下の現金、衣服や家具・家電などの差し押さえ禁止財産、処分価値が20万円以下の財産、自己破産の開始決定後に取得した財産。 

まずはお気軽に【兵庫・西宮】債務整理相談センターの無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-161-052

債務整理についてのご相談や任意整理の診断は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは【兵庫・西宮】債務整理相談センターまでお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~17:00
定休日:日曜・祝日
ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F

阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内

司法書士法人小笠原合同事務所

司法書士法人小笠原合同事務所の集合写真

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-161-052

メニュー

運営事務所紹介

事務所
お電話でのお問い合わせ
0120-161-052
メールでのお問い合わせ
住所

663-8204
兵庫県西宮市高松町4−37 中林ビル西宮3F
阪急電鉄 西宮北口駅より徒歩3分
※ARUHI西宮北口店内